PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

浪費生活@いか(育児奮闘中)

マイブーム浪費から親バカ浪費へ・・・浪費の道はまだまだ続く
<< ミフネLOVE | main | 実家トコ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    SAYURI 鑑賞
    0
      すっごく楽しみにしていた「SAYURI」観て参りました。


      でも期待のしすぎか、採点はキビシ目に・・・。
      映像も女優陣もきれいだし、全体的には楽しめたんだが
      みんなが言う「違和感」、きっと「異空間」として
      馴染めるかと思いきや、最後まで慣れず・・。

      たぶん、日本語と英語が入り混じってどっちつかずだったから?
      話自体は面白いと思うので
      邦画として西川峰子や高島礼子を入れて撮って
      お正月特番でやったらきっと見たいと思う。

      ということでよくも悪くも気になる部分をあげてみた。

      ★言葉
      「ラスト・サムライ」では「英語の話せる日本人」だから自然だったけど
      今回は「日本人が何故か英語を日常会話にしている」。
      まあ、それはいいんだが、「こんにちは」とか「お母さん」だけ
      日本語なのでこれが違和感。もう全部英語にして欲しかった。
      あと洋画の日本人役には欠かせない日系の方ね・・・。

      【追記】よく考えたら吹き替え見ればよかったのか・・・
      子供は見ないのに吹き替えがある意味が今分かった(アホ)

      ★配役
      ハリウッドで活躍する日本人となると、渡辺謙と工藤夕貴しかいないのか?
      役所宏司、桃井かおりは健闘、工藤夕貴は・・・唯一の日本人芸者を
      担うにはちょっと役不足では・・・。演技はうまいと思いますが。
      しかし、この主役を中国人キャストに譲ってしまったのが本当に残念。
      この役が張れる日本人女優がいないことも残念。思いつかないもんなぁ。

      ★衣装
      すごく分かったことは、着物はやっぱり日本人が似合う、ということ。
      チャン・ツィイー、ミシェル・ヨー、コン・リーとみんなすごくキレイ。
      でも!中国人の華奢な体つき(特に首、肩、胸板の薄さ)が貧弱に
      見えてしまって残念。芸者なので襟を思いっきり抜いているが、そこから
      のぞく背中は、骨ばっていて寒そう・・。やっぱ日本人の扁平少年体型を美しく見せる衣装なのだと実感。きっと彼女たちは襟が詰まってタイトなチャイナドレス体型なのだ!

      ★着付け
      生半可な着物知識なので、余計に言いたいが・・・。
      自由なデザインで起こした衣装らしいが、どうにもだらしなく
      見えてしまった。後ろの襟がクタクタなのが気になって仕方ない。
      さらに着付けは誰がやったのか知らんが、半襟の出方がだらしなさすぎ。
      わざとなのかも知れないが、帯揚げの出方も汚い。
      極めつけは花見の場で桜の着物を着たさゆり。
      花街の常識が違うなら申し訳ないけど、普通は着物の柄は
      景色とケンカしてはいけない、という決まりのはず。
      つまり、満開の桜を見に行くのに、桜の着物を当ててはいけないはずなのに
      これってナシじゃないかなぁ?
      コレ全部、生半可知識なんで間違ってたらすみません。でも気になった。

      【追記】後から他の方の評で見つけたが、脇役が着物を左前(死人装束)で
      着ていたそうな・・・こりゃ外国人が着付けたの確実ですな。無念。

      ★ストーリー
      話自体は好き!ただ、思い返せば
      禁断の恋、女の争い、など
      花街を描くときに必ず盛り込まれるファクターな気が・・
      ううん、まあいいや。外国人が書いたにしては、すごくよく出来てます。

      ★映像
      さすがハリウッド!なお金のかけ方。
      花街の映像はセットなのかCGなのか知らないが、とにかくリアル。
      舞台監督出身のロブ・マーシャル監督らしく、舞妓をどりのシーンは
      迫力満点!とにかく美しい。
      日本人キャスト&スタッフで、これと同じセットで、
      ロブ・マーシャル監督に
      撮ってもらったらきっとスゴイものが出来るなぁ。

      「さゆり」観たら、「吉原炎上」観たくなった↓
      迫力満点だもんねー。


      | 映画 | 12:03 | comments(5) | trackbacks(1) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 12:03 | - | - | - |
        ↑の批評、映画より面白い!
        私は舞妓芸舞妓好きだけど何の知識もなく。でもただただ違和感を感じたまま観終えた。
        キル・ビルみたいな日本語が滑稽だったのと、着物はやっぱり日本人!と再認識させられた。ほんとに背中の色気が足りない。
        たしか着付けって外国人初の芸者さんが担当したと聞いた。あれ、それは所作だったかな?
        | shao | 2005/12/12 2:26 PM |

        予告を見た時点であった違和感はやはりぬぐえないのですね・・
        だって、だれが見てもチャン・ツィーだもんなー

        吉原炎上かあ・・やば劇場で観てるんですけどこれ。。
        | 梅の花 | 2005/12/12 3:04 PM |

        なるほどねぇ〜
        するどい映画分析
        shaoさんの意見に賛同です。
        たぶん 私も違和感から逃れられないだろうなぁ
        | の | 2005/12/12 3:34 PM |

        OH!じゃぁ、吹き替え版にしようかなぁ〜
        今一番楽しみにしてる映画。
        主役はできれば宮沢りえにやってほしかったなぁ・・・と勝手に。
        でもこれハリウッド映画なんだよね・・・。
        原作よんだ???
        原作はほんと面白かったですってしつこいね。私。
        | カオリン | 2005/12/13 12:27 AM |

        >shaoさん
        TBありがとです!
        やっぱ外国人の着付けだったか。。
        でも芸者ならもう少しピシっと着付けてくれい!
        ですよね。

        >梅の花さん
        吉原炎上すごいよねー。迫力満点!
        そういやCREAの特集で「寛容に観てね」ってチャン・ツィイー
        インタビューで言ってました。
        うーん、別に彼女を攻めるつもりはないけど
        日本人キャストは何も言わなかったのかなぁ・・・

        >の
        観ていろいろ言うにはよい映画!観てみて〜

        >カオリン
        原作面白いって言ってたもんねー。文庫でてるなら読もうかな。
        そうそう、吹き替えだと、桃井先生の声とかが
        吹き替えになってしまって、ちょっとつまらないかもね。

        >

        | いか | 2005/12/16 9:24 PM |










        http://itachi.jugem.cc/trackback/234
        「SAYURI」感想
        12/10劇場公開「SAYURI」ワールドプレミアに行ってきた。試写チケットがヤフオクで○万円で落札、なんて話を聞いたからついさっきまで興味がなかったのに「行く」と即答。 第一、私「SAYURI」と聞いて吉永小百合の自叙伝かと思ってたから。 映画はロブ・マーシャル
        | shaolijiangzi | 2005/12/12 10:04 PM |
        PR
        本当に効果あるらしい!!
        スネ毛が汚い!これでスッキリ!
        脱毛器
        美顔器で若返るぞ!
        美顔器
        おいしい料理はおいしい水で!
        ウォーターサーバー
        SEARCH THIS SITE.
        MOBILE
        qrcode
        RECOMMEND
        OTHERS